改革の最先端に立つ
改革の最先端に立つ
改革の最先端に立つ
改革の最先端に立つ

オーダーメイドソリューションを提供するヒューマン&テクノロジー資本を誇ります。

オーダーメイドソリューションを提供するヒューマン&テクノロジー資本を誇ります。

オーダーメイドソリューションを提供するヒューマン&テクノロジー資本を誇ります。

オーダーメイドソリューションを提供するヒューマン&テクノロジー資本を誇ります。


Rayce, ARaymond 社の専門技術センター


ARaymond社の先端技術開発の源


専門家を集約したグローバルな先行技術センターRayceは、2009年に設立されました。2011年には、フランスのサン・ルイにヘッドオフィスが置かれ、活動を展開しています。ワールドワイドに活躍するセンターとして、Rayceはアメリカ、ヨーロッパにも拠点を置き、そしてアジアにもネットワークが広がっています。
Rayce はARaymond 社の技術開発のリソースとなる場です。 ARaymond社が新たなチャンスに目を向けたり、製品の改善・処理を求める際、それらが弊社の専門の粋を越える場合に、プロジェクトがRayceに委託されます。Rayceは素材、技術、あるいは包括的な総合過程に付加価値を与えたり、新たな価値を作り上げます。まさに、そこからイノベーションへのプロセスが始まるのです。

"連帯による革"

Rayceのエンジニアや科学者たちの創造力を高めるため、チームワークの環境は、互いが密にコンタクトを取り合うことができ、さらに最小限の階級性という開かれたものになっています。Rayceと弊社との連帯は大きくなっており、それはシェアされるガイドラインや標準手続をより確かなものとさせ、最終的にARaymond Network全体のベストプラクティスを作り上げています。
一社のリクエストから、様々な革新が開発される一方で、チームの専門性を高め、現在の市場や地域別トレンドに応えるため、多くのイノベーションがRayce技術センターの科学者やエンジニアにより開発されています。
連帯の精神と透明性の高いコミュニケーション、それが革新を助長する環境作りの基本です。

革新の新たな分野を求めて

新プロジェクトへの着手は、様々な過程および活動を経た明確な順序に沿って行われます。
新たなチャンスが認識される際、Rayceの専門家たちに依頼し、彼らがそのチャンスやプロジェクトの実現可能性や、それに伴うリスク、さらには市場トレンドとの適応性を評価します。
ゴーサインが出された後、実現可能性を確認するためのコンセプト作りが行われます。それが可能と認識された場合、プロジェクトの開発が、クライアントの特殊な要求やプロジェクトに付随する様々な課題を考慮しつつ、進められていくのです。次なるステップは、確認、プロトタイプの作成、そしてプロジェクトは市場での利用を目指して、最終的に適切なビジネスユニットへ手渡されます。

"簡素化、標準化、総合プロセス…革新が広がっていくことで、ファスナーコストも削減されます"